不動産で節税する方に役立つニュースを配信するサイト

アフターフォローが評判の和不動産が開発したマンション投資運用コンサルティングシステム『N-RICOS(エヌ・リコス)』に新機能追加

前のページへ戻る

アフターフォローが評判の和不動産が開発したマンション投資運用コンサルティングシステム『N-RICOS(エヌ・リコス)』に新機能追加

和不動産が開発したマンション投資運用コンサルティングシステム『N-RICOS(エヌ・リコス)』に「相続税対策」と「保険見直し」機能が追加されました!
「マンション投資の運用が可視化されてわかりやすい」と評判の、 和不動産が開発したマンション投資運用コンサルティングシステム『N-RICOS(エヌ・リコス)』に新機能が追加されました!

<<◆【マンション投資で対策する相続税】◆>>

マンション投資の運用コンサルティングシステム【N-RICOS】がこの度、 相続税対策のシミュレーションにも対応できるようになりました。 出来る対策は、 おもに2つ。 1つは、 現金からワンルームマンションへと資産の「カタチ」を換えることによって、 相続税評価額をどれだけ下げられるかのシミュレーション。 もう1つは、 自分が所有している資産に対してどれだけの相続税が課せられるかのシミュレーションです。

相続税対策の王道であったアパート経営の過剰供給が、 いま問題視されています。
そのため、 相続税対策の新しい王道となり得る中古ワンルームマンション投資に注目が集まっているのです。 それは、 相続税対策としてアパートやタワーマンションにできないことがワンルームマンションならばできるからです。 詳しくは、 和不動産が運営するサテライトサイト『相続税・生前贈与対策は和不動産で!』にて、 ご確認ください。 本ページ下部にリンクがございます。

1.現金をワンルームマンションに「カタチ」を換え財産評価を下げる

まず、 現金からワンルームマンションへと「カタチ」を換えることで財産評価を下げるシミュレーションについてです。 ワンルームマンションをはじめとする収益物件は、 相続税評価額の計算において有利な計算方法が用いられます。 例えば現金2000万円で都心の築浅中古ワンルームマンションを購入すると、 相続税評価額は約400万円まで下げることができるのです。 これは、 現金のまま相続する場合と比べると約1/5の評価額となります。 このような仕組みを活用して、 相続税対策を実施する事例が増えてきています。

そこで【N-RICOS】では、 購入するワンルームマンションの相続税評価額のシミュレーションができるようバージョンアップを行いました。 そして、 そのワンルームマンションを生前贈与した場合の課税額もシミュレーションできるよう合わせて開発し、 相続税対策として最善な手段を比べることができるようになったのです。

相続税は増税しましたが、 生前贈与を活用することでより効果が高い相続税対策をとることが可能なのです。 都心の中古ワンルームマンションであれば、 贈与税の支払いは50万円以下であることがほとんどです(別途、 登記費用と不動産取得税はかかります)。 この方法にメリットを感じ、 取り組んでいる個人の方も増え始めています。 そういったニーズに対応できるシミュレーションを【N-RICOS】では、 ご提示することができるようになりました。

2.相続税対策前と対策後の課税額を比較する

もう1つ【N-RICOS】で出来る相続税対策シミュレーションがあります。 それは、 何も相続税対策をしない場合と対策をした場合の比較シミュレーションです。 資産状況は常に変化します。 それは定年退職後であっても変わりはありません。 そのため相続税のシミュレーションは、 状況が変化するたびに実施することが好ましいと言えるのです。

現金を収益物件に「カタチ」を換えること以外にも、 「借金」を相続させることで相続税の支払いを抑えることもできます。 その借金を活用しやすいのも収益物件であることは間違いありません。 しかし、 必要以上に借金をすることは、 受け継いだ子世代の負担になることも考えられます。 目に見える資産は把握しやすいですが、 自宅の相続税評価や生命保険を見落とすと、 多額の相続税が課せられてしまいます。 何がベストな対策なのかは、 和不動産の【N-RICOS】を活用したコンサルティングで資産状況の精度を上げていくことで見つけるでしょう。

<<◆【マンション投資で生命保険の見直しをする】◆>>

一般的に人生で1番高い買い物は「住宅」、 2番目に高い買い物が「生命保険」と言われています。 今加入している生命保険も、 支払える範囲で生命保険に入っているという方も多いでしょう。 しかし、 払える範囲では、 充分な保険金を受け取れない可能性もあります。 生命保険文化センターの調べでは、 死亡保険金の平均受取額は約3,000万円。 この金額でその後の生活が安心と断言するのは難しいかもしれません。

一方で、 必要な保険金を受け取るためには、 多くの保険料を支払う必要があります。 そんなジレンマに悩まされている人には、 マンション投資に付帯している【団体信用生命保険】を活用した運用をぜひ知っていただきたいと考えています。

1.マンション投資に付帯している団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、 万が一投資用マンションのローン返済中に名義人が死亡・高度障害になった場合、 生命保険会社がローンの残債を支払うというものです。 これにより、 残された家族にはローンがないマンションが残り、 家賃収入が保険料のように毎月支払われるという仕組みになります。

この仕組みは、 生命保険における収入保障保険と似たような仕組みと言えます。 しかし、 マンション投資を保険として活用した場合、 収入保障保険と大きく異なるポイントが2点あります。

まず、 1点目が、 収入保障保険は「定期保険」に分類され、 支給期間(契約期間が20年なら20年まで)が決まっていますが、 マンション投資を保険に活用した場合には家賃収入が入る限り、 一生涯収入を得ることが可能だということです。 この特性があれば、 死亡保障と個人年金を別々に加入する必要もありません。

そして、 2点目が生命保険は保険料を支払うことが通常ですが、 マンション投資では家賃収入が毎月の支払い(ローンの返済・管理費・修繕積立金など)を上回っている場合、 収入を得ながら保障も得ることが可能になるという点です。 この特性を活かして、 生命保険を見直しているオーナー様が増えています。

もちろん、 生命保険にしか対応できないリスクもあるので、 すべて解約してよいかというとそれはお勧めできませんが、 重複している部分を見直せば毎月の支払いを抑えることも可能です。

2.N-RICOSで支払い保険料を把握する

N-RICOSで生命保険の見直しをする場合、 現在加入している保険の内容を入力し、 毎月の保険料と死亡保障の金額を確認します。 次に、 マンション投資のローンの加入状況と家賃収入を確認し、 保障が重複する部分を見直しするというスキームで実施していきます。 その結果、 どれくらいの支払い保険料を削減できるかがわかるようになるのです。

もちろん、 入力したデータは可視化でき、 簡単に比較できるようになっています。 自分に必要な保険は残し、 重複部分を削減することで、 死亡保障に多くの金額を費やすことなく、 将来に備える資金をより多く確保することが可能になるのです。

将来の備えとしてストックした資金は、 繰り上げ返済や追加購入の頭金など再投資する際の資金として活用でき、 マンション投資のさらなる効率アップに活用することもできるようになるでしょう。

人生における2番目に高い買い物である「生命保険」との付き合い方は、 今後の資産運用において重要なポイントになりますので、 しっかりと内容を確認していくことが重要です。

【セミナー開催概要】

■場所:東京・神田 株式会社和不動産 セミナールーム(東京都千代田区神田須田町1-7-9VORT秋葉原maxim7階)
■アクセス:JR線「神田駅」北口徒歩6分、 JR線「秋葉原駅」徒歩5分
■参加費:500円
■お申込み:セミナー予約フォーム
https://nagomi-fudousan.com/seminar/study/
またはお電話にて受付 Tel:0120-003-753

※少人数制につき各セミナー先着順、 定員になり次第締切とさせていただきます。
※セミナー内容、 時間、 講師が変更となる場合がございます。 上記セミナーページにてご確認ください。

<マンション経営セミナー 10月の日程・内容>

・10/1(日)   第439回 失敗しない不動産投資のために~N-RICOS(エヌ・リコス)で成功に近づく道標を~
13時30分~15時30分終了予定

・10/28(土)  第71回 体験型!資産運用ゲーム【フォーチュンマップ】
13時30分~16時30分終了予定

その他のセミナー内容詳細・スケジュール、 お申し込みはこちら
http://nagomi-fudousan.com/seminar/study/

■「マンション経営.東京」とは ―初心者からオーナー様まで経営に役立つ情報満載 ―
東京でマンション経営を検討されている方に向けた総合情報サイト「マンション経営.東京」。
不動産投資・マンション経営のエキスパート、 和不動産が経営に役立つコラムや最新情報を発信しています。
「マンション経営セミナー」レポート(毎週更新)も公開中です。

・マンション経営.東京
http://mansionkeiei.tokyo/ 

■N-RICOS(エヌ・リコス)
和不動産のマンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】で、 長期に渡る不動産投資の運用成績を可視化!マンション投資のメリットとマンション投資に潜むリスクを数字やグラフの動きから察知し、 オーナー様が描いた目標へ向かっての強力な道標となります!これから、 購入する方にはマンション投資のさまざまなメリットをお伝えし、 すでに物件を購入されたお客様にはマンション投資運用の歴史を詳細にわかりやすく表現することに成功しており、 皆様から「わかりやすい!」と評判を頂いております。

・和不動産のマンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】
http://n-ricos.jp/

■「相続税・生前贈与対策は和不動産で」の概要
~ 相続税・生前贈与対策に関するお役立ち情報を提供しています ~
不動産を活用した具体的な相続税対策や生前贈与、 暦年贈与などの情報をご紹介している総合情報サイトです。
相続に関する最新ニュースをお届けする「TOPICS」や、 相続に適した物件を比較で学べる「コラム」など様々な情報をお届けしており、 都心の築浅中古ワンルームマンションを活用した効果的な方法をご紹介しています。

・相続税・生前贈与対策は和不動産で
http://nagomi-souzoku.jp/

■運営会社情報(株式会社和不動産公式サイト)

・アフターフォローが評判の和不動産  https://nagomi-fudousan.com/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です