不動産で節税する方に役立つニュースを配信するサイト

個人事業主でも税理士にお願いすべき?

前のページへ戻る

Tax-saving-Only-ownership

インターネットの普及によってネットビジネスが盛んになっている日本では、個人事業主が増えています。税務署に開業届を出して個人事業主となった場合、戸惑うことが多いのが税金です。
フリーランスのライターや自分で小さなネットショップを運営しているような場合は、確定申告もそれほど大変ではありません。
しかし、個人事業主でも大きな収入を得てる場合は、税理士に依頼する人も少なくありません。

悪戦苦闘する確定申告

フリーランスで働いている人の中には、毎年確定申告の時期になると悪戦苦闘している人もいます。確定申告はやり方を間違えると思った以上の損害を被ることがあるので注意が必要です。

一般の企業は決められた時期に決算を行って税金を払います。個人事業主も1年の利益に対して税金を支払う義務があるのです。それが確定申告です。
確定申告で多くの人が頭を抱える原因となっているのが、控除です。控除は上手に活用すれば税金が安くなりますが、種類が多いので難しいと感じる人が少なくありません。

脱税と無申告

しかし、手間がかかるからと確定申告をしないと、ペナルティが課されます。税金をごまかす意志があって脱税すると、重加算税を払うことになります。この場合、通常の税金に加えて、かなり大きな額のペナルティが与えられるのです。状況次第では、さらにペナルティが課されるケースもあります。

無申告の場合は、無申告加算税が課せられます。申告しているものの、申告の金額が少なかった場合も、ペナルティが課されます。また、確定申告の時期を過ぎた場合は延滞税が課せられます。フリーランスで多いのが無申告です。

売上高が増えると税金も増える

1年の売上高が多くなると、それだけ経理業務が煩雑になります。
必要経費の支出が増えると領収書も増えるため整理したり集計したりするのに多くの手間がかかってしまいます。売上高が増えると利益額も増えます。そして、利益額が増えると税金も増えるのです。

ひとりで税の管理をするのは難しい

消費税の課税事業者になると、自分で消費税の納税額を計算して確定申告を行います。消費税の確定申告書を作成するには、消費税法の知識が必要となります。本則課税方式を選んだ場合、税額を手計算で計算することはかなり難しいです。

最近は、個人事業主も税務調査を受けることが少なくありません。税務署の調査に自分ひとりで対応するとなると、精神的にかなりの負担となることが多いです。税理士がいれば、もし税務調査があった場合でも、税理士が対応してくれるので安心です。

確定申告が大変だと感じている人は、税金のプロである税理士に相談してみると、的確なアドバイスをもらうことができます。

税理士に任せるメリット

税金のことを税理士に任せると、様々なメリットがあります。時間に余裕ができ、節税も可能です。税理士に依頼すると費用がかかるため、そのことをデメリットと感じる人もいますが、メリットの方が大きいと考える人は多いです。

確定申告や経理業務を税理士に任せれば、煩わしい作業から解放されて本業に専念することができます。
個人事業主の中には、確定申告の期限ぎりぎりになって徹夜で書類を作成する人も少なくないです。
税理士に確定申告の業務を依頼した場合、スケジュールを立てて計画的に作業を行うので安心です。

最近は、個人事業者向けの確定申告用会計ソフトが人気を集めていますが、65万円の青色申告特別控除を受けたい場合は、複式簿記や税法の基本知識がないと会計ソフトを使いこなすのは難しいです。
税理士は税の専門家なので、正確な政務書類を作成することができます。そのため、65万円の青色申告特別控除を受けたい人の中には、税理士の活用を検討している人も多いのです。

最近は、多くの税理士事務所で無料相談のサービスを行っているので、初めは無料相談を利用して相談する方法もあります。