不動産で節税する方に役立つニュースを配信するサイト

不動産を活用して節税対策を行う方法1

前のページへ戻る

real-estate

不動産投資の広告を新聞などで目にすることが多くなり、投資を行う人が増加しています。今回は、不動産を活用して節税対策を行う方法について、ご紹介します。

不動産投資の経費計上の2つのポイント

不動産投資を行うと、さまざまな経費が発生します。節税対策と行う際、経費をどこまで計上するかが大きなポイントになります。不動産を活用して節税をするためには、マンションなどの購入費について、どのような形で費用計上するかによって、納める税金の額が変わってきます。
マンションを購入した場合、最初の年からさまざまな内容について、経費計上することが認められています。この仕組みをきちんと理解しておくことで、住民税の還付金を受けることにもつながります。

最初のポイントは、不動産取得税です。不動産取得税は、不動産を所有した際に発生する税金のことであり、最初の年に大きくなる傾向にある税金です。不動産取得税の場合、建物の部分について、新築であれば、1,200万円の控除を受けられることになっています。

2つ目のポイントは、減価償却費の経費計上方法です。新築のマンションであれば、マンションの構造によって、償却率が決定されることになっています。5,000万円のマンションで、鉄筋コンクリートでできている場合は年間110万円の償却が受けられることになっています。重量鉄骨造であれば、150万の償却が可能になっています。

不動産投資のメリット

会社員の場合、確定申告を行う習慣があまりない人がほとんどです。高額な医療費が発生した場合などは確定申告を行うケースはありますが、会社員の財務処理は、会社の経理担当者によって処理されているケースがほとんどです。
不動産投資による収益が得られる場合は、個人事業主として開業届を出す方が税務上は有利になります。給与が出ている会社の収入と別にすることで課税額が変わることになります。
確定申告を行うことで受けられる優遇は、所得からの控除と赤字繰り越しです。 不動産取得によってかかって費用が原因で赤字になった場合、その額は3年間繰り越すことが認められており、納める税金額が減ることになります。

不動産投資のポイント

マンション投資を行う場合、購入費やローンにかかる費用だけではなく、修繕費や管理費など、いろいろな費用が発生します。その費用によって赤字になる年が出る可能性がありますが、これによって所得税や住民税の額を減らすことが可能になります。赤字という言葉に敏感になる人がいますが、長期的に見て有利になることが不動産投資のポイントです。

人によっては、不動産を活用して毎年赤字を出し、税金を納める額を減らすことによって最終的な収支を合わせるというパターンを選んでいることもあります。個人事業主や企業経営者だけではなく、会社員の場合であっても、不動産を活用して税金対策を行うことができることになります。

どちらに転んでも利用可能

毎年一定の金額を減価償却とともに節税しながら現金を残し、不動産を手に入れるという手法も可能になっています。不動産投資により、黒字が出る物件が多くなっていますが、赤字になった場合であっても、税金対策として利用することができます。

面倒臭がらず、コツコツと

不動産投資を行う場合、税理士などの専門家と相談しながら、経費の計上や税金の還付などについて理解を深めておくことが重要になります。また、確定申告や帳簿計算を面倒なものであると敬遠せず、一つひとつの処理を適切に行っていくことで、自分の手元に財産が残り、現金の額も多くすることにつながります。

会社員の場合、源泉徴収によってどれだけの税金を納めているかを意識することは少ないですが、実際に不動産投資を行うことで、税法の仕組みや節税方法などを知ることになり、楽しみながら不動産を活用することができます。