不動産で節税する方に役立つニュースを配信するサイト

新サービス「IESHIL CONNECT(β版)」の提供開始

前のページへ戻る

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、以下「リブセンス」、東証一部:6054)は、アジア航測株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小川紀一朗、以下「アジア航測」、東証ニ部:9233)との共同により、本日、「IESHIL CONNECT(β版)※1」の提供を開始しましたのでお知らせします。

 

 

<新サービスの特徴>

・「IESHIL CONNECT(β版)」は、地震・洪水などによる災害リスクや物件情報等の住環境データを物件ごとに検索・閲覧できる不動産ビジネスパーソン向け営業ツール。

・「IESHIL」の約27万棟の物件データとアジア航測の80億件の災害データを活用し、価格査定とともに総合的なリスク評価を可視化。

・自治体ごとに分かれていた災害情報をワンストップで提供し、不動産ビジネスパーソンの効率的な情報収集とより透明性・信頼性の高い営業活動をサポート。

 

アジア航測は、自社航空機を保有し、空間情報の取得から利活用まで一貫したサービスを提供しています。防災や環境分野に強く、国や地方自治体などに対するコンサルティングやデータベース構築、システム提供などを行っています。

一方リブセンスは、不動産情報サービス「IESHIL」を運営しています。IESHILは、約 7,800万件にのぼる売買・賃貸履歴等のビッグデータを活用した独自のリアルタイム査定システムにより、1都3県の主要マンション約 27 万棟を対象に市場価格や価格推移、推定賃料※2を公開しています。サービス開始から約2年で会員登録者数は8万人(2017年9月26日時点)を突破しました。

 

東日本大震災以降、日本各地での災害激甚化に伴い、地震・洪水・液状化などの災害リスク情報に対する消費者ニーズは高まり続けており、総務省が推進するオープンデータの活用など情報提供に対する法整備も進みつつあります。このような背景から、不動産流通市場の透明性向上に向け、リスクも含めた物件情報を可視化する新たな不動産情報サービスが求められています。

 

今般、アジア航測が持つ防災および空間情報技術と、リブセンスが持つビッグデータを用いた人工知能等による解析技術が結びつき、物件ごとの災害リスクを瞬時に検索可能にする「IESHIL CONNECT(β版)」の提供が可能となりました。不動産取引における消費者ニーズに応え、不動産ビジネスパーソンの質の高い営業活動をサポートするとともに、不動産流通市場の透明性拡大を目指していきます。

 

<ロゴイメージ>

<ロゴストーリー>

サービス名の”CONNECT”とそのロゴデザインは、3つの“つなぐ”を意味しています。

・“情報”と“不動産ビジネスパーソン”を

・“不動産ビジネスパーソン”と“顧客”を

・“不透明な今”と“透明化された未来”を

 

<新サービスサイトイメージ>

■スマートフォンサイト

■パソコンサイト

※画像はイメージです。

 

■リブセンス 不動産ユニットリーダー 芳賀一生コメント

「海外の不動産エージェントに比べ、国内の不動産ビジネスパーソンが担当する業務範囲は多岐に渡っており、接客工数も膨大です。IESHILに加えこのIESHIL CONNECT(β版)によって、消費者と不動産ビジネスパーソンとのコミュニケーションを円滑化し、より透明性の高い不動産市場の未来を築いていきます。」

■アジア航測 社会基盤システム開発センター長 政木英一コメント

「旅行、ショッピング、不動産情報検索など生活に欠かせない情報となっているG空間情報は、色々な形で作成・公開されています。

弊社は、IESHIL CONNECT(β版)を通して、不動産に関するG空間情報を簡単に、分かりやすく、見ることができる未来を目指します。」

 

リブセンスおよびアジア航測は、今後もITの技術を活かし、不動産ビジネスサポートに向けたサービス拡充を図り、不動産市場における情報ツールの整備を目指します。また、不動産売買の透明性向上を目指し、不動産市場の活性化に貢献していきます。

 

※1 今回はβ版として災害リスク情報を先行リリースし、今後、さらに不動産情報を網羅し拡大させていきます。

※2 推定賃料は、弊社がIESHILの価格査定システムにより算出した金額です。

 

<企業情報>

■ 株式会社リブセンスについて (URL : http://www.livesense.co.jp/

・所在地     東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル

・設立       2006年2月8日

・資本金     234百万円

・代表者    代表取締役社長 村上 太一

・事業内容   インターネットメディア運営事業

株式会社リブセンスは、「あたりまえを、発明しよう。」をコーポレートビジョンに掲げ、求人領域、不動産領域、医療領域など多様なサービスを展開。新しい“あたりまえ”の発明を通じて、より多くのお客様に、そして広く社会に必要とされる企業を目指しています。

 

■アジア航測株式会社について (URL :http://www.ajiko.co.jp/

・所在地     東京都新宿区西新宿6-14-1 新宿グリーンタワービル 15F

・設立       1954年2月26日

・資本金     1,673,778,000円

・代表者    小川 紀一朗

・事業内容   測量業・建設コンサルタント

アジア航測株式会社は、空間情報に関するあらゆる技術力を結集し、高度なコンサルティングで、世界中の人々の「安全・安心で豊かな暮らし」を支えることを使命としています。