不動産で節税する方に役立つニュースを配信するサイト

税務調査の基本まとめ

前のページへ戻る

real-estate-Tax-saving

税務調査とは

会社を法人化している人や個人事業主などを対象として、税金を正しく申告しているか調べる事を税務調査と言います。
税務調査は、ある特定の業種を対象として行われる調査ではなく、全ての業種で税務調査を受ける事になります。
日本では法人税や所得税などは、申告納税制度と呼ばれている納税者が自分で納めなければいけない税金を計算して申告する事になっています。
自分で納める税金の計算を行っているので、どうしても申告内容に間違いが生じてしまったり、税金の申告額などを不正な調整をして虚偽の申告行う事が出てきてしまいます。
そのようなことがあるため、申告した税金に間違いなどがないかを確認するために、国税局や地域を管轄している税務署から調査官が事業所などに来て調査を行います。
税務調査は、税金の申告が怪しいために行われる調査ではありません。
税務調査を行った結果、申告した税金の内容に間違いや不正などが合った場合は、修正申告などを行い追徴課税などを支払ったりします。

強制調査と任意調査

税務調査は強制調査と任意調査に大きく分ける事が出来ます。
強制調査は、悪質な深刻をしているな事業所などに行われる税務調査です。
裁判所から出された礼状により、国税局の査察部によって行われます。
任意調査とは、通常行われる税務調査の事で、国税局や税務世から調査官が事業署などに来て調査が行われます。
任意の税務調査の場合は、突然事業所などに来て調査を行う事はあまりありません。
国税局や税務署から、税務調査を行うための事前連絡があります。
税務調査の日程を決定するための連絡ですが、税務署から告げられた日程では都合が悪い場合は、仕事を優先して税務調査の日程を変更する事が可能です。
しかし、日程の変更は出来ますが、税務調査そのものを拒む事は出来ません。

税務調査の頻度と対象

税務調査が行われる頻度は、改行してすぐに来るのではなく、数年経ってから行われるのが一般的になっています。
税務調査は決まった年数で実施されるのではなく、10年間一度も行われない場合や、毎年のように税務調査が行われる場合もあります。
税務調査の対象となりやすいのは、開業してから3年状経過していたり、黒字額が大きな場合や、売上や黒字額などの変動幅が大きい場合、退職金などのようなあまり発生しない経費が多い場合、脱税が多い業種の場合などがあります。
また、節税などをやり過ぎている場合でも、税務調査の対象となる場合があります。
お店をたくさん出店しているに、全体の売上が上がっていない場合や、店舗数が増えて従業員数も前年よりも多くなっているのに、福利厚生費などが増えていない場合は、どうしてそのようになっているのか税務署から疑問の目で見られてしまいます。
その疑問点を確かめるために、税務調査の対象になってしまう事があります。
お店の数が増えているのに全体の売上が増えていない場合は、税金を納めたくないために売上を隠しているのではないかと考えられてしまいます。
前年よりも従業員数が多くなっているのに、福利厚生委などは多くなっていない場合では、従業員を多くいるように見せて、人件費などを架空に申告しているのではないかと考えられてしまう事があります。
節税するために税金の申告を不正に行っている場合、これまでの申告内容と比べて怪しい点が多くなってしまいます。
そのような不正な申告が行われているような疑いがあれば、税務署はすぐに見抜く事が出来るので税務調査の対象になってしまいます。

税務調査を受けないためには

節税のためだからと言って、普段はあまり行わないような経費を発生させて税金の申告額を低くしている場合は、申告する税金の額を減らすために不正な操作が行われると思われてしまいます。
税務調査を受けないためには、税金の申告を正しく行う事が大切です。